ドラッグストアがお届けする血管・血液の病気について解説するサイト

血液の病気@白血病

白血病とは、骨髄中で血液細胞を作っている造血細胞ががん化して、規則正しい分化・成熟過程をとらず無秩序に増殖する病気です。通常の血液細胞は自然に死にますが、がん化した血液細胞は自然に死ににくくなります。血液中には無秩序に増殖した白血球や、未成熟な細胞がどんどん増えていきます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

そのため正常な血液が行っている、栄養や酸素の運搬が十分行われなくなり、貧血、感染、出血など様々な症状を引き起こします。 白血病はがん化する細胞の増殖速度によって、がん化した白血球が芽球の段階で増える急性と、成熟する過程の全段階で増える慢性に分類され、さらにがん化した細胞の種類によって、骨髄系細胞ががん化する骨髄性と、リンパ系細胞ががん化するリンパ性に分類されます。主な白血病は「急性骨髄性白血病」「急性リンパ性白血病」「慢性骨髄性白血病」「慢性リンパ性白血病」の4種類です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

発症率をみると、小児から高齢者まで幅広く発生し、急性骨髄性白血病が最も多く、10万人に6人の割合で発症します。
白血病の原因は詳しく解明されていません。これは、他のがんと同様です。現在の研究では、白血病の原因は血液細胞の遺伝子レベルの異常と考えられています。また、放射線・抗がん剤なども白血病を引きおこす可能性があるとも言われています。しかし、現在では、白血病の研究も進んでおり、白血病が関係する遺伝子がすでに見つかっています。

 

ドラッグストア