ドラッグストアがお届けする血管炎の症状について解説するサイト

血管炎の症状

血管炎の一般的な症状は、発熱、体重の減少、関節痛・筋肉痛、倦怠感、高血圧などの全身症状です。検査所見は白血球数増加、CRP高値、赤沈亢進など非特異的炎症所見を示します。

 

また、さまざまな症状を示すため、感染症、悪性リンパ腫、他の膠原病などと区別が難しいこともあります。 多くの疾患では、その原因が依然として不明です。

 

実際に病気を引き起こすものは、免疫複合体、自己反応性T細胞、自己抗体などの免疫異常によるものです。最近、自己抗体の中の抗好中球細胞質抗体が、血管炎症候群の一部の血液中に検出されることがわかり注目されています。

 

ANCAには、PR-3、MPO型などの種類が知られて います。ウェゲナー肉芽腫症では、PR-3 ANCAが、顕微鏡的多発血管炎、チャーグ・ストラウス症候群などではMPO ANCAが高率に検出されます。

 

しかし、これらの自己抗体が、実際に病気を引き起こすうえで必要不可欠のものであるかどうかは、盛んに研究されていますが結論は得られていません。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸